静岡スバル

静岡スバル

SUBARU

熱闘!静岡スバルテクニカルスタッフin 「TOYOTA GAZOO RACING GR86/BRZ Cup」開幕戦!

2022.08.06

2022年7月16日(土)~17(日)の2日間にわたり、
静岡県駿東郡小山町の富士スピードウェイにて、
「TOYOTA GAZOO RACING GR86/BRZ Cup」の開幕戦が開催されました!
静岡スバルからは3名のテクニカルスタッフがサポートで参戦!
写真たっぷりの現地レポートをお届けします。

「TOYOTA GAZOO RACING GR86/BRZ Cup」は、昨年まで9年間行われていた TOYOTA 86SUBARU BRZ のワンメイクレース(注1)を引き継いだレースです。
SUPER GTにも参戦するトップドライバーもエントリーする「プロフェッショナルシリーズ」と、アマチュアドライバーのみで競う「クラブマンシリーズ」の2つのカテゴリーがあります。
※注1 ワンメイクレースとは 
全参加者が同一の仕様の車で、純粋に腕を競い合うためのレース形式の事
静岡スバルからは「プロフェッショナルシリーズ」のRECARO TEAMへの派遣メカニックとして、 静岡物流センター所属のテクニカルスタッフ 川口恭平が参加しました。
また、レース後の車両が公道を走行するにあたり、問題が無いかを検査するオフィシャルの「公道検査員」として、同じくテクニカルスタッフの 三島店所属 勝又俊一、富士店所属 山田康陽 の両名が参加しました。

1日目は豪雨の中 プロフェッショナルシリーズの「RECARO TEAM」の風景


整備に取り掛かります、真剣な鋭い眼差し…
静岡物流センター 川口恭平 「幼少期からの憧れであったレースメカニック、今回の機会は凄く楽しく生き生きと、貴重な経験を積むことが出来ました。作業中の声掛けや、チームワークの大切さを改めて実感するなど、レースでの体験を今後の業務に生かしお客様に喜んでいただけるように精進します。」

富士スピードウェイにボクサーサウンドが響き渡ります



白熱するバトル

レース後はオフィシャルの公道検査員、勝又、山田の出番です

三島店 勝又俊一「公道検査員という普段と違う環境の作業で責任も感じ、とても緊張しました。」
富士店 山田康陽「普段の現場よりもスピードと正確性が求められるような環境だったので、とても緊張しました。今回学んだ事を今後の整備に生かしていきたいと思います。」

当日の模様はSUBARU MOTOR SPORTS MAGAZINEのWEBサイトでもご覧になれます
こちらからどうぞ!

普段と異なる環境でも、日ごろ磨いた高い技術力で悪天候と真夏のレースを支えました!
静岡スバルテクニカルスタッフの高い技術力は、日々お客様の大切な愛車の整備に活かされています。
ライフパートナーとしてお客さまの暮らしに寄り添う静岡スバルにお車の整備はお気軽にご相談ください。
そして、静岡スバルのメカニックを志す、あなた! 一緒に働ける日をお待ちしています!
静岡スバルリクルーティングサイトはこちら
静岡スバル公式Facebookページ