静岡スバル

静岡スバル

SUBARU

静岡スバル 石田社長の『大人の箱根』ドライブ記 ~後編~

2017.12.18

「静岡スバルお出かけシリーズ」第3弾、
静岡スバル自動車株式会社、石田進一社長の『大人の箱根』ドライブ記 ~後編~をお届けします。

静岡スバル 石田社長の『大人の箱根』ドライブ記 ~前編~ はこちら

箱根神社を歩く


「実は箱根神社に来るとわかっていたのに朱印帳を忘れてしまってね・・・」
しばらく前から神社仏閣を巡るのが好きで、朱印帳を持って回っていた石田社長。

7年ほど前に西国三十三所巡礼の旅に出かけたときに朱印帳を新しくして、全国各地のお寺や神社に行っていたそう。
「御朱印は寺や神社によって違います。風格があるものや楽しげなものまでいろいろなので、いろんな神社やお寺に行くのが楽しみになりますよ。」

手水場で手を洗うとグッと心が引き締まる思い。


箱根神社は奈良時代初めの757年に創建された古大社で、関東屈指のパワースポットだ。
御本殿に向かう参道の両側には老杉の大木がそびえ、重々しい雰囲気。

鎌倉幕府の初代将軍 源頼朝も箱根神社に祈願し、
衰退していた源氏を盛んにして平家を倒すことができたことから、勝負運、商戦などにご利益があるといわれている。


また、箱根神社の末社である九頭竜神社は恋愛成就にご利益があると女性にブーム。
さて、石田社長は箱根神社に何をお願いしたのでしょう。

旧街道を歩き、思うこと


元箱根から恩賜箱根公園までの500mは箱根旧街道で杉並木が続いている。
杉の木は元和元年(1615)、川越城主が幕命により植林したもの。

樹齢400年近くの大きな杉の木が連なる道を昔の旅人気分で歩きながら、
静岡スバルがこれから向かうべき道を考える。


「今までは商品力で売れていました。お客様がスバルの車を選んでくれたんです。
でもこれから何が売れるか読めない時代になっていきます。
今までの在り方を変えたい。
自分たちのサービスで、自分たちの魅力で勝負していきたいですね。」

甘酒茶屋で温まる


旅の最後に訪れたのは、箱根畑宿で江戸時代から続く甘酒茶屋。
かやぶき屋根の昔ながらの佇まいは風情がある。


“甘酒”とうたうが、米麹とお米だけで作ってあるのでノンアルコール。
ドライバーでもOKなのが嬉しい。
砂糖も添加物も使っていないのに、ほんのり甘いのは麹菌のなせる業。


江戸の昔から変わらないもの。時代と共に変わっていくもの。
目指すところは、永く愛されること。そんなことを思いながら甘酒を飲んでいると、冷えきっていた体も温まってきた。

とっぷり日も暮れた。さぁ、そろそろ帰ろうか。

撮影・取材協力

三島スカイウォーク
三島市笹原新田313
☎055-972-0084
営 9:00~17:00 年中無休
料 大人1.000円 中高生500円 小学生200円
http://mishima-skywalk.jp

芦ノ湖スカイライン
営 7:00~19:00(ただし特別区間/湖尻峠~湖尻水門は無料開放)
料 軽・普通車620円/片道(特別区間は100円/片道)
http://www.ashinoko-skyline.co.jp

箱根神社
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
☎0460-83-7127
http://hakonejinja.or.jp

甘酒茶屋
神奈川県足柄下郡箱根町畑宿二子山395-1
☎0460-83-6418
営 7:00~17:30 無休
http://www.amasake-chaya.jp

車両DATA

SUBARU LEGACY OUTBACK Limited
カラー:ダークブルー・パール

メーカーサイトへ

現在のイベント情報

スバリスオリジナルグッズがもらえるアイサイト体験試乗キャンペーン実施中です。
※平成29年12月28日(木)まで

この機会にスバルの安全と愉しさを体感してみませんか?

特設サイトはこちら

静岡スバル公式Facebookページ